ちっちゃなころから、顎がしゃくれていて、小学生ではみんなに馬鹿にされていました。自分の中では素晴らしく気にしていたのに、両親は「そこが愛くるしいかわゆい」と言ってくれていました。ですので、要請もできずに学生時代を過ごしてきました。
自立するようになり、30代になり、経験が滞りました。ずっと引け目だった顎のしゃくれをようやく矯正することにしました。
カレッジ病院に行ったところ、「直しつつ、顎をげずったほうが速い」と言われ、執刀を受けることを意欲しました。
2週の入院でした。執刀は短時間でしたが、そのあとの顔付きの浮腫はひどかったです。もちろん、食事もぜんぜん取ることができず、入院当事者はずっと流動食でした。
ただし、いざ退院してみると、顎はすっかりけずれて、しゃくれが治っていました。もちろん、執刀して結論だと思いました。
今も、矯正を続けていますが、顎をけずったことによって、歯が整ってきています。執刀を決意して本当に良かったです。コエンザイムQ10配合のぎゅーっとプエラリアはアマゾンにある?